鼎(ゲイ)のライフスタイルに関するコラム

ゲイ

イケメンラッパー図鑑 003~狐火~

  • 2445 views
  • 0 thanks


日々、目の保養を求めるゲイのために、イケメンラッパーを直撃してご紹介!

ビジュアルも作品も優れたラッパーを厳選しました!旬を迎えている人気のラッパーの魅力にぜひ触れてみてね。「HIP HOPってあんまり知らないな」と言う方もチャレンジ!

狐火プロフィール
職業:ラッパー兼サラリーマン。34歳、福島県出身。
2008年デビュー。ポエトリーリーディングを軸にしたスタイル、そして独特なリリックで注目を集める。いとうせいこうやオードリー若林など幅広い層に評価されている。2012年にはSUMMER SONICに出演。最近は身内に「弱音が過大評価された男」と呼ばれる。2017年遂に新宿二丁目でライブをした。

去る4月1日、新宿二丁目アラマスカフェで『日本語ラップナイト』が開催された。
規模は大きくないが、日本語ラップを愛するゲイDJ4人が贈るパーティーだ。そして、そのゲストラッパーとして素晴らしいライブを披露してくれたのが狐火だった。狐火はゲイではないのだが快く引き受けてくれた。自分の記事で非情に恐縮だが、そのイベントはRealsoundで記事にさせて頂いた。狐火に依頼したきっかけや、ライブルポ、そして狐火のプロフィールなどを掲載しているのでどうか見てもらいたい。

★狐火がLGBTとHIPHOPの架け橋となった日ーー新宿二丁目『日本語ラップナイト』イベントルポ
http://realsound.jp/2017/04/post-11986.html

34歳という若さにして、すでにアルバムを15枚という驚異的な速さでリリースしている狐火。アルツハイマー病を患った祖母への想い、そしてしがないサラリーマンとしての悲しさ、彼女を失った辛さなど等身大の悩みや嘆きを赤裸々に曲にしていくその様は他のラッパーの活動とは異にする。そんな狐火さんにインタビューをさせてもらいました。

客席との距離が近い二丁目ライブ

鼎:先日の日本語ラップナイトはありがとうございました。本当に大成功でした。狐火さんにとっても初めての二丁目だと思うんですけど、実際にライブをやってみてどんな感想を持ちましたか?

狐火:バーで開催されたっていうのもあって、お客さん一人一人との距離が近くて良かったです。ライブハウスでやるよりも一体感が感じられました。その前が茨城の結城市で開催された「結いの音」のライブ、その前が高校の卒業式のライブだったのですが、ステージ上から歌っているとどうしても客席と距離を感じてしまう。それがないっていうのはとても面白かったです。

鼎:確かにお客さん一人一人と対峙できるってのはアーティストからしても面白いですよね。ファンの方も「近くてよかった」と喜んでましたね。

狐火:二丁目の方々もとても温かかったです。ライブ前に話しかけてくれたゲイの方は僕のことを知らなかったんですが、ライブを見てCDを買ってくれました。

鼎:あ、miss one cupさん(狐火のバックDJ)に「あなた巨根好きでしょ」っていきなり問題発言してた方ですよね(笑)。ハラハラしたけどmiss one cupさんも「二丁目の洗礼を受けました」と楽しんでいただけて良かった。あの方CD買ってくれたんですね~。そういうお客さんの直接的な反応って本当に嬉しいですよね。

狐火:あとは全体的に楽しくて、ついつい飲みすぎてしまったのであまり覚えてません(笑)。

鼎:テキーラジャンケンとかしてましたよね。皆酔っぱらってお酒に眼鏡を突っ込んで飲んだりしてました。酷かったなあ。誰とは言いませんが、吐いてた方もいて、そのあと二丁目のジョナサンで軽く介抱してました。

狐火:僕は巻き込まれないように走って逃げてたんですけど、走ってたら転んで足を痛めました。

鼎:地団駄で弱った足がもっと悪くなっちゃう(笑)

狐火:病院行きました(笑)。でも二丁目ライブは単純に面白かったです。

鼎:Realsoundでも記事にさせて頂いたんですけど、記事の反響ってありましたか?

狐火:ファンの方から記事読みましたって声は沢山いただきました。「行きたかったです」って。あと「旅と音楽」の本体でもあるLIGのメンバーからも大好評でした。

鼎:うわ、嬉しい。Yahoo!ニュースにも掲載されたじゃないですか。自分も告知してないのに「記事見たよー」って友達に言われて「Yahoo!ニュース凄いな」って思いました。しかもその記事を見つけてくれたのがQuronn-Lab.のメンバーっていう。あたし、日本語ラップナイトでたまたまQuronn-Lab.の曲流したんですよ。

狐火:みんな繋がってる(笑)

鼎:Realsoundの中の人気記事ランキングでもなんと2位になりました!とっても嬉しかったです。

狐火:嵐とAKBの記事に挟まれてましたね。

鼎:そうそう。1位が嵐の記事で「よーし、このまま1位狙うぞ」って思ってたのに、急に星野源の記事が順位を伸ばして来て、嵐の記事共々落とされてしまった(笑)。でも大健闘だったと思います。

あっこゴリラとの絆

※あっこゴリラ ドンキーコング2.555にて

鼎:それでは狐火さんの音楽活動についても聞きたいと思うんですけど、あたしは狐火さんの審美眼って本当に凄いなあってずっと思っていたんですよ。ブレイク前のDAOKO、大森靖子、テンテンコ、あっこゴリラを客演に迎えてるじゃないですか。でも現時点で全員売れてるのが本当に凄い。
あたし、恵比寿baticaで開催されたあっこゴリラちゃんの「おかえりなさい式」にも遊びに行ったんです。あっこゴリラちゃんがPVをアフリカで撮って帰ってきて「おかえりなさい」っていうイベントだったんだけど、その時に狐火さんも出ていましたよね。それであっこゴリラちゃんが「狐火さんは私を初めて客演で呼んでくれた恩人です!」って言っていたのが本当に印象的だったんです。あっこゴリラを客演に迎えたきっかけってなんだったんですか?

狐火:一目見て、パワーがあるというか。全員に感じるものがありました。DAOKOちゃんにしてもハングリー精神というか上昇志向が強そうな雰囲気があったし、大森さんも絶対このあとメジャーに行きそうって思いました。テンテンコさんもBiSは解散したけど力を持て余してる感じがしました。皆どんな状況でも音楽を続ける様な強い印象がある人たちです。自分1人で何でも出来る自信が見えるというか。昔から1人で何も出来ない人が集まっても何も出来ないと思っていたので一緒に作品を作れて嬉しかったです。
あっこさんは僕が綱島温泉でライブをした時に知り合って、まだあっこさんはバンド時代だったのかな。それであっこさんの紙芝居ラップをyoutubeで見て、エネルギーを凄い持て余してるなって思ったんですよ。あんなにドラムも叩けるけるのになんで紙芝居ラップやってるんだろう。今の自分の状況に満足してたらドラムだけ叩いてればいいじゃないですか。だから抜け出したいんだなあって印象が強くて、その姿がずっと頭の片隅にありました。それでマイアミネガティブのトラックをもらった時にパワーと勢いのある人をフィーチャリングしようって思って、真っ先に浮かんだのがあっこさんでした。もう2年くらい前の話ですね。新宿のスナックで朝まで飲んで曲はできあがりました。

鼎:マイアミネガティブ、確かにあっこちゃんにぴったりでしたよね。そしてその流れがあっこちゃんの「TOKYO BANANA Ⅱ」に繋がっていくと。あっこちゃんのこれからの活躍も本当に楽しみです。貴重なお話ありがとうございました。

マイアミネガティブ / 狐火 feat,あっこゴリラ
https://youtu.be/zanXusAUO9E

人気急上昇中の観音クリエイション

鼎:狐火さんのトラック作ってる観音クリエイションさんも勢い凄いですよね。GADOROに曲提供したって知ってとってもびっくりしました。今まで神門、不可思議/wonderboy、DAOKO、泉まくら、って来てたのに、旅と音楽の「法多山GOING」でKMCとカレーまんを迎えて結構ストリート寄りのトラック作ってて「おおっ」って思ったんですよ。そしたらついにGADORO。しかも曲名が「クズ」。
狐火さん、前にSHU-THEのクズレペゼンRemixに参加してたし、またクズかよ!って思ったんですけど、GADOROの「クズ」はジャジー路線の綺麗な曲でした。バトル周りのラッパーとかからもこれからどんどん声が掛かってくると思います。狐火さんの活躍と共に知名度が上がっていると思うんですけど、どこで出会ったんですか?

狐火:不可思議/wonderboyの「pellicule」を聴いて「ああ、良いトラックだな。誰が作ってるんだろう。」って思っていたんですけど。震災の後にPRAY FOR JAPANというシリーズで沢山曲を作った時に、初めて曲を提供してもらいました。一週間に一曲のペースで作ってたんですけど、観音さんも曲を作るペースが速いんでそのスピードにもついてきてくれてありがたかったです。
その時は観音さんはシンガポールにいたので曲だけ先にもらって、その1年後くらいに帰国したんですよ。鹿児島でライブしていたら観音さんが関西からサンダル履いて来ました。そのあとに観音さんが埼玉に越してきてよく飲むようになりました。

鼎:あたしもブロガーあがりのライターなんですが、観音さんのブログにPVにしても収益にしても負けてるのが本当に悔しい(笑)。特にtidal flowのブログ記事は本当にヤラれました。イベントの記事なのに音楽描写が一切ない!本当に衝撃を受けました。あと、あたし地元が茨城なんですが、結城市も近いっちゃ近いんですよ。でも観音さんの結城市の記事をみたら蚕食べてんの。人の地元で何してんの!蚕食うなよ!ってびっくりしました。
観音さんも二丁目に遊びに来てくれたんですが、「あら素敵なマドラーが」と振ったらいきなり眼鏡をお酒に突っ込んでくれました。反射神経が凄い。

狐火:それしかできない(笑)。観音さんは曲も作れるし、最近写真も撮れるようになって色んな才能を持ってる素晴らしい人なんです。人として欠如しているものがある分、そういう面でプラスマイナスゼロになってます。

鼎:観音さんもブログ含めてこれからの活躍が楽しみですね。

tidal flowに遊びに行ってきました feat.狐火さん
http://kannnonn.com/archives/16249

茨城県結城市の結城紬(ゆうきつむぎ)っていう伝統にふれてきた
http://kannnonn.com/archives/15969

不可思議/wonderboyについて

鼎:では皆がこれ聞きたいと思ってると勝手に思ってるんですけど、不可思議/wonderboyについて聞いてもいいですか。狐火さんのファンって不可思議/wonderboyも好きなアーティストに挙げる人が多いと思うんですよ。当時は親交はあったんですか?

狐火:面識はあったんですけど、あまり親交もなくてあまり意識もしていませんでした。「pellicule」もトラックは良いなあって思ったけど、リリックに関してはそんなに思うところはありませんでした。今もそうです。なんでみんな神様みたいに称えてるんだろうって思います、どちらかというと。
でも当時はポエトリーリーディングみたいなラップをやっていた人なんて周りには自分とMOROHAと不可思議/wonderboy君くらいしかいなくて、不可思議/wonderboy君が「ポエトリーラッパーを集めてフェスやりたい」という話をしてくれた事もありました。「出れんの!サマソニ」も2011年に一緒に応募してました。それで内心競っていたという面もあったんですけど、オーディションの途中で亡くなってしまって。僕も二次審査で落選してしまい、この年は2人ともサマーソニックに出る事は出来なかったです。だから、不可思議/wonderboy君とはそれほど話はしたこともなかったんですけど、亡くなった日は不可思議/wonderboy君が所属していたLOW HIGH WHO?のParanelさんと一緒に「最後の曲だとしても」のPVを撮ってる日で不思議な縁を感じました。それで不可思議/wonderboy君が亡くなって思ったことを「サマーソニック僕に5分だけ時間をください」という曲にして次の年の「出れんの!サマソニ」に応募したところ、サマーソニックに出演する事が出来ました。これも観音クリエイション制作です。どちらかというと皆さんと一緒で亡くなってからの方が関わりが深くなった様な気がします。

鼎:いやあ、親交があまりなかったというのは意外です。生きていたらもっと仲良くなれてたかもしれないし、共演が実現していたかもしれない。そう思うと本当に残念です。あたしはやっぱり不可思議/wonderboyが好きで、特にゲスト参加していたZ.I.O-RAMA君の「NIHILISM」が大好きなんですよ。だから「日本語ラップナイト」でも流したんです。

狐火:声はっきりしてるし、かっこいいですよね。実は不可思議/wonderboy君を紹介してくれたのもZ.I.O-RAMA君です。

鼎:えー面白い!みんなZ.I.O-RAMA君で繋がってる(笑)。そういえば狐火さんも5月6日のZ.I.O-RAMA君のイベントでライブしますよね。立川AAカンパニーでしたっけ。5月26日にはムシケpresents「ポエトリーの調べvol.2」が大阪府江坂@Pinefarmで開催されますね。ぜひがんばってください。
今日は本当にありがとうございました。

サマーソニック僕に5分だけ時間をください / 狐火
https://youtu.be/KLw4kMXEM10

己の弱さを隠そうともせずにポエトリーリーディングラップをひたすら続けるHIP HOP界の異端児・狐火。そんな彼の活動の影にはいつも様々な人との関わりがあった。

「『メジャーに行かないんですか?』と聞かれ、かっこつけて『全部断わってます!』と答えていたの嘘でした、ごめんなさい」と語る彼だが、ベストがようやく出てその活動も一区切りとなった。

今後も今まで以上に活躍してくれることだろう。何より日本語ラップナイトにも快く参加し、成功へと導いてくれた彼には感謝しかない。まだ狐火を聴いたことがないという方はぜひ狐火のベストを聴いて彼のポエトリーリーディングラップに耳を傾けてもらいたい。

★昨日までのベスト / 狐火
https://itunes.apple.com/jp/album/%E6%98%A8%E6%97%A5%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%AE%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88/id1200789988?uo=4&at=1010lc4M


不適切なコンテンツの報告はこちら



COPYRIGHT © 2017 coloppe運営事務局 ALL RIGHTS RESERVED