デイジーK(バイ)の性指向・性自認に関するコラム

バイ

性的指向の言葉の多さ

  • 95 views
  • 0 thanks


LGBTをいう言葉が少しずつ世間に認知され始めました。(正しい認識かは別として)
先日、「会社に同性愛者の男性が入社してきてね」という夫の言葉から始まった話なのですが、その入社した男性はノンセクシャルだという。
私がうんうんと聞いていると、夫が「ノンセクって結局何なの?」と聞いてきました。

基本的に自分以外のマイノリティに興味があまりない夫。
かくいう私もこと細かく説明できるかと言ったら自信がありません。
なので、この記事を書くにあたってちょっと調べてまとめてみました。

● ヘテロセクシャル
● ホモセクシャル
● バイセクシャル
● パンセクシャル
● Aセクシャル
● ノンセクシャル
などなど。

最近ネットなどで目にするのはこの辺でしょうか。

● ヘテロセクシャルは≪異性愛者≫

「ノンケ」「ストレート」と言う方が一般的でしょうか?

● ホモセクシャルは≪同性愛者≫

基本的には男女ともに同性愛者に対して使う言葉ですが、ゲイの人に対して言う人もいますね。

● バイセクシャルは≪両性愛者≫

男女どちらでも恋愛・性的対象になるタイプ。近年カムする人が増えている気がします。

● パンセクシャルは≪全性愛者≫

バイと何が違うのかと正直、以前は理解できませんでした。
男女だけでなく、トランスジェンダーやSRSをした人も含めて恋愛対象となります。
バイが狭義でパンセクが広義なのかなと勝手に思っています。
ちなみに私はこれ。

● Aセクシャルは≪無性愛者≫

世界でもかなり人口が少ないと言われているAセク。
「アセクシャル」や「エイセクシャル」と呼びます。
他者に対して恋愛感情も性的感情も抱かない性的指向ですが、この中でも
恋愛感情を持つことがあるものを「ロマンティック アセクシャル」
逆に恋愛感情を全く抱かないものを「アロマンティック アセクシャル」と分類される。

● ノンセクシャルは≪非性愛者≫

他者に恋愛感情は抱けど性的欲求は持たないのがノンセク。
恋愛感情を抱くのでノンセクでバイ や ノンセクでホモセクシャルなんて言い方もあります。

他にも「グレー」「デミ」「リス」等がある。
私の中で一番言葉の理解に苦しんだのがAセクシャルです。
「他者に恋愛感情・性的欲求を抱かない」とありながら「ロマンティック アセクシャル」があるともいう・・・。
(中には“性的欲求を抱かない=Aセク”という記載もあります)

これらをすべて理解するのは無理に等しいのでは?と思ってしまう今日この頃です。


不適切なコンテンツの報告はこちら



COPYRIGHT © 2017 coloppe運営事務局 ALL RIGHTS RESERVED