Jaime(ゲイ)のライフスタイルに関するコラム

ゲイ

「ヨーロッパで男同士がキスしてるけど…」

  • 180 views
  • 0 thanks


ヨーロッパでの挨拶にキスは欠かせません。
キスと言っても、口と口でするキスではなく、頬を合わせる、いわゆる「チークキス」です。ヨーロッパではチークキスは一般的な挨拶の方法です。
基本的には、仲の良い女性―女性男性―女性の間での挨拶の場合にキスをします。
そこまで仲が良くない場合や男性同士、仕事上での関係などの場合はキスはせずに握手のみです。

とはいえ、職場の同僚なんかの場合は、挨拶はキスであったりもするので、キスを挨拶に使うかどうかというのは、その人との仲の良さがよく表れている行動の一つでもあるのです。

さて、ヨーロッパを旅行したことがある人は、町中で普通に男性同士が挨拶としてキスしているのを見かけたことがあるのではないでしょうか?

男同士でキスの挨拶は一般的?

先に書いたように、男性同士での挨拶で一般的なのは握手です。
もしくは腕を組み合わせたりすることもありますが、キスをするというのはあまり一般的ではありません。

では、町中で挨拶でキスをしている男性同士を見かけたら、彼らはゲイなのでしょうか?
答えは、必ずしもそうとは限らない、です。
男同士であっても、特に仲の良い間柄だったり、親戚、幼馴染などといった近しい関係の人であればキスで挨拶をします。
あとは、宗教や生まれ育った環境などによっても個人差はあると思いますが、近しい間柄の場合はキスはあり得る話です。

ゲイの挨拶はキスが多い?

しかし、ゲイの男性の間での挨拶は、ほぼ100%キスです。
お互いがゲイであるという事を知っているとき、ゲイであることを公表しているときだけに限られますが、ゲイなのに挨拶でキスしない男性は見かけたことがありません。

また、仮にゲイであることを公表していなくても、友達として挨拶を単なる握手からキスに変えてきたときなんかは「あ、この人ゲイなのかな?」なんて思っちゃったりもします。

でも、ゲイでなくとも先ほど書いたように「近しい間柄」と相手が認識してくれたから、握手からキスになったっていうこともあるので、簡単にその人がゲイかどうか知ることはできないんですけどね。

いずれにせよ、友人として挨拶をキスで交わせるような間柄になるというのはいいことです。それだけ距離が近くなったという事ですからね。

なので、町中で男性同士がキスで挨拶をしていても、ゲイであるとは言い切れないのです。海外ならではのちょっと珍しい光景ですが、そんなものを眺めながら旅行してみるのも楽しいかもしれません。


不適切なコンテンツの報告はこちら



COPYRIGHT © 2017 coloppe運営事務局 ALL RIGHTS RESERVED